二次会 衣装~二次会の衣装の合わせ方

飲み会や結婚式の披露宴後に数人集まって開くであろう二次会・・・ふと気になるのが「服装」ですよね。特に決まりは無いとは言いつつも気づいたらあの衣装やこの衣装に決まっている場合があります。

そんな衣装は主にどんなのが多いのか?そう思い調べてみました。

二次会 衣装~二次会の衣装の合わせ方

「スーツ」
こちらは会社勤め、特にサラリーマンや営業マン等そのままスーツで行く人が殆どの様です。時間があれば着替えて私服で登場する人もいますが時間が惜しかったり着替えるぐらいならどうせ選択やクリーニングに出すしそのままでいいやとスーツでそのまま一次会からの二次会へ直近と言う人も多いです。

同様に結婚式の二次会等では披露宴からそのまま直近で来る人が殆どなので男性はスーツで来る人が多いです。(新郎の場合は着替えて私服の人も多いですが)

「ドレス」
スーツ…と言っても結婚式の二次会の場合ですが女性も同様で二次会では結婚式で着用していたドレスのままで参加する事が多いです。

二次会は程度はあれど時間に猶予はあるので着替えることもできますがやはり着替えという荷物が増えるぐらいなら場の雰囲気的にもドレスのが違和感無いのでそのままと言う人が多いです。

「私服」
こちらは私服勤務だったり会社支給の作業服や制服では行けれないので私服に着替えて参加が殆どです。私服になると言うことは普段は制服姿でしか見る機会が多かったあの人が私服だとなかなか良いセンスしてオシャレだったりと違う印象を与えてくれる効果もあり(たまに逆の場合もありますが…)と違うチャンスに巡り会える事があります。

この3点が比較的多いです。でも衣装がどうこうよりは「時と場合によりけり」の部分が大きそうです。指定は無いと言ってもやはり

結婚式等の二次会ではスーツ&ドレスのままで来ているのだからそのままの衣装のが周りから却って浮かない
私服で皆来ているのだから私服のがいい(会社にもよりますが)

と場面に合った服装がやはり出てくるものです。ここは自分の判断だけで服装を決めず周りの環境に合わせて衣装を決めるのが一番良いでしょう。